欲をかいたらダメ

Posted in FXで負けないために by admin

FXというのは油断していると大変なことになることを実感してしまいました。
というのも、FXを始めた当初思った以上に成果を上げることができたため、意気揚々な気分になっていました。
このまま利益を出し続けるものだと、そこでついついレバレッジの倍率を上げてしまったのが過ちの根本かもしれません。
レバレッジを上げた途端に思うように利益を得ることができずに、あれよあれよと言う間に投資していた金額に戻ってしまいました。
レバレッジの倍率を上げた以外ではほとんど何も変えていなかったのに、何がいけなかったのでしょう。
いろいろと考えた結果、欲張りすぎていたことに気付かされました。
倍率を上げたことで、少しでも安いときに買い入れて、少しでも高いときに売り払ってしまおう。
そのような気持ちが知らず知らずのうちに生まれていたのでしょう。
レバレッジが低かったときは、ある程度下がったら買い、ある程度上がったら売りとシンプルなトレードだったように今では感じています。
つまり、ベストよりベター、最高を狙うよりも優良を狙ったほうが利益は得やすいように思います。
人間というのはどうしても欲をかいてしまうもので、それが無意識のうちに作用してしまいます。
それを理性で止めることはできないと思います。
そのため、理性ではなくきっちりとしたルールを設けて、それに沿ってトレードするほうがいいでしょう。
ルールという客観的な視点が欲を抑制させてくれるでしょう。