新しくなったFXの税金対策は

これまで、FX取引で損をしても、株式投資のように損を繰り越して計上し、確定申告で税金を取り戻すことはできない仕組みになっていました。
その上、頑張って利益を出したというのに、そこから利益の額に応じた課税をされてしまい、FX取引をするにあたり、税金は頭を悩ませる問題でした。
それが2012年には株式投資と同じ申告分離課税が採用されることになり、かなり税金対策が施せることになりました。
これによって、確定申告をすれば損失が3年間は繰り越せることになります。
仮に昨年度10万円の損失が出たとしても、確定申告をしておけば、今年10万円の利益が出たら、それと相殺し、税金が戻ってくることになるのです。
課税率は20パーセントですから、10万円の税金は2万円ということになります。
2万円のリターンを得ることは、FX初心者にとってはかなり大変なことですから、税金対策をしっかりすることによって、その貴重なリターンを取り戻したいと思います。
ただ、FXに対する課税方法が新しくなり、損失を繰り越せるようになったとはいうものの、確定申告をしなければ始まりません。
しない人にはこれまで通り、貰うだけもらいますというスタンスですから、自分で取り戻すという気概で取り組まなければなりません。
FX初心者にとっては、確定申告をすることもかなり大変だとは思いますが、これから先、ずっとFX取引を続けていくのであれば、しっかりやっておく必要があると思います。